換金の際の注意点|お金に困った時はクレジットカード現金化に頼ってみませんか?

お金に困った時はクレジットカード現金化に頼ってみませんか?

換金の際の注意点

お札と印鑑

クレジットカードの現金化では、キャッシング枠を利用した借り入れとは違って利用した金額がそのまま現金になる訳ではありません。よって、後から請求される金額と現金にできる金額に差額が生じます。この差額は業者側の利益となり、これがあるので業者として営業できています。

よって、現金で欲しい金額の2~3割増しをクレジットカードのショッピング枠を利用する必要があります。それは、現金化の際の換金率は高くても80%前後のことがほとんどだからです。

クレジットカードの現金化業者のページを見ると、この換金率が95%と記載されているような業者も多くありますが、これはあくまで換金率「だけ」です。実際にお金になるのは、この換金率で計算された後の金額から業者側の各種の手数料などが差し引かれた金額になるので、高くても利用した金額の80%程度になってしまうことがほとんどになります。

また、80%であれば優良業者だと言うことができます。95%などという高い換金率を記載していても、そこから差し引く手数料がかなり高い業者も存在します。そのような現金化業者を利用してしまうと、実際の換金率が60%程度になってしまうことも珍しくありません。

このクレジットカードを利用する金額と実際に手元に入る金額は、事前に教えてもらうことができます。実店舗の場合には、その場で利用前に確認ができます。電話で問い合わせる場合、「10万円を利用するのでどれくらいのお金になるのか?」といったストレートな聞き方で構いません。これをはっきり教えてくれない業者は利用しない方がいいでしょう。優良業者であれば、必ずきちんと答えてもらえます。

Copyright© 2017 お金に困った時はクレジットカード現金化に頼ってみませんか? All Rights Reserved.